うどん食べて気張ります

なんだかんだで・・・うどんを食べてしまうのだ

【今週のうどん61】 おにやんま 新橋店 (東京・新橋) とり天ぶっかけ[冷]

<これ食ったら他で食べられなくなるかも・・・・・ヤバいよヤバいよ>

 早朝から現場直出となりまして、出勤途中に新橋で途中下車。気分的にはラーメンよりも「うどん!」という個人的には珍しい展開で、「おにやんま 新橋店」に寄ってみました。すっかり都内のあちこちに支店が展開されてて、つい最近までは新橋が本店と思い込んでたんですが、五反田が本店だったんですね。開店と同時に、裏の公園にある喫煙コーナーあたりから、ぞろぞろと客が入り込んだり、また毎日のルーチーンといった感じで、埋まっていきます。

 

f:id:TOMASSOON:20180529070646j:plain

 



 とり天ぶっかけ・・・・420円。恐るべし!この質感でこのボリューム!そしてこの安さを知ってしまったら、ほかでは食えなくなるかも。感覚的には、旨さが2倍!価格が1/2です。

 

f:id:TOMASSOON:20180529070027j:plain

 





<うどんと天ぷらだけではない!じつは出汁も旨い!!>

 とり天のボリュームがすげー。大きな肉の固まりが、胸・モモなど部位も分かれてごつい!。当然熱々でして、別皿で取り分けるとそのサイズ感が分かりやすいです。肉汁ジューシーで衣はカリカリ。塩気が薄くとも肉味だけで十分です。カウンター備え付けの天かすはもとより、おろし生姜の業務用ボトルのフルサイズを、好き放題に入れるのも客としては痛快に思えますし、少しとり天にかけても旨しでして、朝から興奮。

 

f:id:TOMASSOON:20180529070231j:plain

 

f:id:TOMASSOON:20180529070217j:plain
f:id:TOMASSOON:20180529070218j:plain



 うどんも、レベルの違いを感じる・・・。大衆的な雰囲気の中にあって、スベリはシルキーさこの上なく、縦方向にしなやかに伸びる弾力は、さすがの明るさを感じます。噛みちぎるとうどんならではの、瑞々しいグルテンの香りを感じ、ぶっかけの出汁とナイスマッチ!。本当に、こんなに安くていいのか!この大都会のど真ん中で!。

 

f:id:TOMASSOON:20180529070247j:plain

f:id:TOMASSOON:20180529070259j:plain

 



 しかし、今回はひさびさに、おにやんまで食ったから改めて気づいてしまったのですが、出汁が旨い。ぶっかっけの冷えた出汁で、これだけ節の芳醇な旨みを感じるところもナイス。当然いりこもいい仕事しており、甘さが柔らかいのですが、香りたちにふわっと節を感じてしまったので・・・ああ、やみつきになりそう。個人的には、五反田店の方が通勤定期を鑑みると便利なので、立ち寄る機会が増えると思います。

 

f:id:TOMASSOON:20180529070222j:plain
f:id:TOMASSOON:20180529070416j:plain
 




 それにしても、早朝から美味しいものを安く提供してくれるだけでも感謝!今日もごちそうさまです!

 

関連ランキング:うどん | 新橋駅汐留駅内幸町駅