うどん食べてきばります

なんだかんだで・・・うどんを食べてしまうのだ

【今週のうどん23】 山元麺蔵 (京都・岡崎) 牛と茄子と香味油のつけ麺

【関東のラー友は、この日は調子良かった!もう一軒!】

 だいたい、関西に遊びにくるときの関東のラー友は、一日4食程度の候補店を考えて来るんです。そしていつも「そんなに食えへんやろ」とアタクシとひと悶着して2軒程度まわって、飲んで歌って解散!というのが方程式なんです。この日は調子良いみたいで、たなか家の次に「麺蔵いける?」ときくと・・・「モチのロンよ!とまそんクュ〜ン!」と言いますので、「アタっ!!」とアタクシずっこけたりします(何人分かるか・・・)。しかし、この日は暑かった・・・。猛暑一時間待ちでしたが、日傘と冷茶サービスでそう苦労もせず・・・。松戸とみ田で鍛えた忍耐力はすごいもんだと改めて思うのであります。アタクシは、季節限定の「牛と茄子と香味油のつけ麺」という京風なメニュー。一方、関東のラー友は、「京カレーのつけ麺」。カレーつけ麺には、お決まり紙エプロンが準備されますが、先にエプロンだけ来たものだから、10分以上紙エプロンを装着したまま、奴は背筋のばして奴は黙って待っております。入り口近くの相席。仁王座りの紙エプロン中年の図・・・・。暑さで神経をやられたのかダレも笑わず呆然・・・。

 

 

【つけダレの完成度!これは笑うしかない旨さ!】

 ベースは、「牛のつけ麺シリーズ」だと当然思いますが、この牛肉から出て来る出汁が柔らかくて濃厚でたまりまへん。滋味を通り越した旨さとしか言いようがなく、そしてなすびの素揚げ加減がまた非常によろしく、旨味をなすがどんどん吸収していきます。牛肉を食って旨し!汁をすすっても牛肉感じて旨し!茄子をくっても旨味すってて旨し!・・・・たまらん三段攻撃です。しかしこれだけではなく・・・・香味油がすばらしい! 軽いニンニク風味だからこれがまた食欲ボルテージを一気にあげます。さらに、京都らしく・・・・生姜をきかせてさらりと後口を演出してくれます。これは完成度の高さを強く感じます。葱がざくざくと適度に入っているのも風味と歯ごたえを感じて旨いし・・・・。まさに天才じゃな・・。

 

 

【うどんは、言うに及ばず】

 大分に省きます。詳しくは、過去レビに譲ります。シルキー&もっちり&ハードの三要素がバランスよく、関西でアタクシ的には一番唸る部類の一品です。注意店は、長いですから、麺切り器具をいただきましょう(というか持ってきてくれる)。こういう麺を切る道具があるとは普通しらないので、この器具だけでも、話のネタになりますよ。

 

 

 

 総じまして、関東うー友も大変満足したらしく、おなかいっぱいで帰りのTOMASSOON号の中では爆睡でした。よほど満足だったんでしょうな・・・・。いつもとは言わんが、本当に感動したものだけは、レビアップしえくれよーとメッセージを送りながら合掌!今日も本当にごちそうさまでした。

 

山元麺蔵

食べログ山元麺蔵