うどん食べてきばります

なんだかんだで・・・うどんを食べてしまうのだ

【今週のうどん66】 蕎麦一心 たすけ (東京・田町) 天ぷらうどん・かき揚げ天

<かなりイケてる立食い蕎麦&うどんの店!しかもナイス天ぷら!揚げたて!でかい!旨い!安い!>
 
 ここはJR田町駅から浅草線に乗り換える時によく利用するんですが、立食い蕎麦としては、かなりイケてる店なのです。蕎麦の注文率が95%以上?。蕎麦が実に立食いにしては質が高いので、開店前から少し行列が出来てしまいます。
 

f:id:TOMASSOON:20180614071428j:plain

f:id:TOMASSOON:20180614071404j:plain

 
 
 ただそれだけではなく、立食い価格で圧倒的に旨い天ぷらを提供してくれます。しかも、どう価格で選べる。どれも出来立てに近い質感で、大きくてサクサク。かき揚げは、玉ねぎが本当に多く含まれて甘みがたっぷり。衣に軽く紅生姜が入っていて、塩気とジリジリ感が入り混じり、サクサクとして旨い。ほかに、春菊天、ナス天、紅生姜生姜天?、ちくわ天などあったりで、時々入れ替わり。舞茸天なんかも遭遇することも多いです。
 

f:id:TOMASSOON:20180614071405j:plain

 
 
 これだけ質が良いのは汁も同様。これは蕎麦に合わせた関東流儀の、お醤油濃ゆいベースの味。ただし、節もビシッと決まっており、天ぷらの衣が溶け出すと、甘辛い味わいに変化して、これがまた旨いのです。一味を入れなくとも、そのままで十分に美味しい〜。
 

f:id:TOMASSOON:20180614071406j:plain

f:id:TOMASSOON:20180614071407j:plain

 
 
 さて、この蕎麦屋の「うどん」ですが、これを舐めてはいけません。蕎麦に負けない高品質と言えまして、時々、きしめんなんかも選択可能な限定もあります。一般的駅構内量産的な、立食いのフニフニした柔らかいうどんではありません。ちゃんとオーダーを受けてから、かなり時間をかけて個別に茹で上げてくれます。そして茹で上がったのを一旦締める。粗熱を十分にとってから、改めて湯釜に投入して温めなおすと言う、本格派です。こうすることで、うどんに段違いのコシが生まれる。こんな立食いうどんが、ありんですね〜。
 

f:id:TOMASSOON:20180614071408j:plain

f:id:TOMASSOON:20180614071426j:plain

 
    朝から密度感を感じるうどんを楽しめる幸せ。天ぷらも、出汁も、うどんも納得感ありありで、しめて420円でございます。
 
 
    蕎麦好きならずとも、うどん好きなら、一度食してみてはいかがでしょう。山手線で一番地味な田町駅の、崇高立食いうどんを〜。
 
 
    今日もごちそうさまでした。