うどん食べて気張ります

なんだかんだで・・・うどんを食べてしまうのだ

【今週のうどん27】 釜たけうどん 八重洲北口店 (東京・八重洲) キムラ君+ビール生中

 大阪転勤時代に、すごくお世話になった「釜たけうどん」の支店。大阪では凄く有名すぎるお店が、東京八重洲の地下にあることをすっかりと記憶が飛んでいた! 泣きそうになりまして、すぐさま会社帰りに突撃しました。とりあえず、「キムラ君」にトライ!

 

 

 う!少し東京八重洲価格・・・という感じは否めないが、一通りメニュー展開は、されているではないか!東京の方は、「ぶっかけ」と「ぼっかけ」の違いが分かるのだろうか・・・。などと心配しても意味ないか。

  

 

 まずはビールで、キムラ君との再会を祝って乾杯!キムチがサービスにつく。このライトなキムチが、大阪梅田にいた時にタイムスリップしそうだわ。

 

  

 

 などとまどろんでいたら、キターーーーーーーーー!数年ぶりのキムラ君!!! 元気だったかキムラ君!!!!!

 

【麺:シルキーで滑らか極まる!そしてソフティー極まる弾力感】

 なんともはや・・・・、美しく整然とした太うどん!実に穏やかであり膨よか・・・見ているだけで満足感と、絶対に旨いという確信があります。事実そうだしね! うどんの中でも、そっても地肌が滑らかでいて、優しい弾力感。その滑らかなスベリ心地は、「シルキー」そのものという感じです。貼り付くような滑り感があると思えば、スルスルとスベリ落ちるような高速なスベリと、「のど越し」がもう堪りません!

  

 

 

 大阪うどんは、讃岐の影響を多く受けていると思いますが、角麺タイプで強くヌチリ!と感じさせるタイプとは対局ですね〜。とは言え、本場の讃岐に旅行に行ったら滑らかなタイプもあるのでして、うどんとは実に奥深い・・・・。熟成極まる風合いもあって、何も付けなくても素でも食える!良いうどんとは、そういうものだね。そんな代表選手のような良麺であります。

 

 

【具等:キムチにフレッシュな辛さ!食べる辣油のサクサク感!】

 キムラ君たる由縁は、このトッピング。キムチとラー油でキムラ君。辛いもの同士のコンビネーションなのですが、実は円やかな甘コクも結構ありまして、だからこそ食欲が爆発するという感じです。  キムチはフレッシュタイプの日本人好みなサッパリ系の味わい。発酵系の酸味抑えめでして、ビールのアテとしても最高であります。歯応えも根に近い部分のシャキシャキとした感触が、うどんのモチモチ感と非常にコントラスト的で、実に旨い。  食べる辣油もまた実にフレーバーが富んでいて実に良い!胡麻等の具に深く辣油が染み込んでいる反面、具の甘みが辣油にも影響して、とても辛甘い。そして歯応えがまたクランキーな感じでして、この点もまた、うどんのモチモチ感とはコントラストを覚えるといったところ。  口直しには、豚しゃぶ!これが、また100枚、200枚でもいくらでも食えそうに思えるライトな味わいとソフトな肉質。辣油にも合う。まさに好きな物ばかりで、食欲が爆発するのは必定といったところです。

 

 

むううううう・・・・、これは参った!また必ず食いに来る!東京駅は、毎日立ち寄るので、これからが楽しみであります。今日は、ごちそうさまでした。お酒も充実しているようだから、酒もいろいろ変えながら、長くつき合いたいお店です。

 

 

関連ランキング:うどん | 東京駅大手町駅日本橋駅