うどん食べて気張ります

なんだかんだで・・・うどんを食べてしまうのだ

【今週のうどん11】 兎麦 (大阪・梅田) 冷し豆腐うどん

【食堂街の中ではイケてる方やと思います】  梅田でうどんというと・・・駅前ビルの三つ巴がまず頭に浮かび・・・、そして、豊崎エリアとあいなる・・・。ああ・・・どっちもそこまで行くのかったるい!そういう気分でココを利用しました。未訪問うどん屋を開拓するか否かの選択は、アタクシ個人的に「生醤油うどんをメニューにおいているか」だけに絞っています。生意気ですが・・。こちらは、そんな基準もクリアしたため、さくっと入店です。しかし、メニューを一枚めくるととても魅惑的な一品があるやないですか・・・って、それがこの「冷し豆腐うどん」。生醤油で、うどんも食べれるし、豆腐も当然食べれるわけで、相性ええんとちゃうん!と一人興奮。とってもテンション低めな営業対応の店員さんに、ハイテンションでこのメニューを注文しました!

 

  【ソフトタッチ系、そしてとっても優しい系です】  麺は、ソフトタッチなのが第一印象。見た目は、角切りが強調されたビジュアルで、コシをぐいぐいと利かしそうなのですが、はっきり言って裏腹です。しかし、悪くはないと素直に思える・・・。ソフトな分、ねとりと下に絡みつく粘りがあり、そういうところ「うどん専門店に来た!」とスペシャリティを感じなくもないかな。引っ張った感じの「ノビ」もまずまず・・。  ただ、少し温めな温度感が気になったのと、・・・・あえて言うと麺の密度感かな・・・・。シルキーと言い切れないところは、なんだか小麦の密度が、駅前ビル三つ巴店に比べれば、やや??と思うところありかと・・・。しかし、失礼のないように言っておきますが、こういった食堂街のうどんとしては、期待以上の品質でありますし、なかなかGOODかと思います。  ちなみに、こちら基本的に「大盛り無料」でございますので、お得感あります。 【豆腐がうまかった・・・】  申し訳ないが、主役を食った(笑)。こちらのほうが、大豆の香りよく「濃い豆乳」感をだしていました。それに、温度!冷た〜いのがまた気持ちよかった!もっとくれ、もっとくれ!と心で叫ぶ旨さなり。

 

   総じまして、具が旨すぎてもいかんのだなと苦笑してしまった一品。同じ冷たいうどんと具で旨さのレベルが合わなかったのか、相対的にうどんを残念に思えてしまったのだろうか・・・。もういちど、きりりと冷たく〆られたうどんでちゃんと試してみたいと思うのでありました。ということで、また行きますわ。そして、合掌!今日も本当にごちそうさまでした。

 

 

兎麦

食べログ兎麦