うどん食べて気張ります

なんだかんだで・・・うどんを食べてしまうのだ

【今週のうどん2】 本格手打 たけうちうどん店 (大阪・中津) とり天生醤油うどん(大盛)

中津近辺(豊崎周辺)は、「麺」で以前から盛り上がっていることで有名。つけ麺の「麺や輝」、ラーメンの「弥七」、うどんの「情熱うどん讃州」など・・・。その中でうどんと言えばそのほかに中心的な店があります。ここ「たけちうどん」さんです。情報誌でよくとりあげられていることもあり、一度は行かんといけませんよねー。

 

<店舗>
・ちょいとおしゃれ。歩道に「うどん」の旗が無かったら何屋さんかわかりにくいですね・・。
 小さいタイル張りのカウンターだけのお店。コの字の形で10名以上は収容できます。
・若い店員さんがカウンターできりもり。奥でご店主が、うどんのゆで具合を確認されています。
・地元では有名で、ひっきりなしで入れ替わります。たまたま、タイミングよく待ち時間なしはラッキーみたい。

 

<本日のオーダー>ダイレクトに味わうために、生醤油うどん!
・大盛を選択。じつはこれがけっこう堪えた・・・本格的な麺だから・・・。
・たけちうどんの紹介には、かならず「とり天」があるので、鶏好きとしては注文すべし。
・待つこと、7分。まことに立体的でカラフルな、一品がおでましとあいなります。

 

<麺>
・エッジがきいているというか、角がたっているというか、本格的な「讃岐うどん」です。
・しかし、コシが命の讃岐の中でも「もっちり」しているところが感じられる。
・量が多いな・・・と途中三分の一で思ったっが、想像以上に、するするとのど越しよく入っていく。
・口のなかで、ぷりんぷりんするほどの元気ある麺。レモンと生姜と葱が多目で最後までとても、あきることなく食せます。
・生醤油は、キンキンに冷えたのを醤油さし毎、一人ひと瓶配されて、この生醤油も酸味がきいてて旨い!

 

<具等>
・唐揚げではありません。フライでもない。和風のとり天麩羅です。さくさくです。食べやすく包丁もはいっていてナイス!
・レモンが八分のひときれ。大根おろし、葱、生姜で、3分の2の覆われます。

 

情熱うどんさんよりは、本格的讃岐の方向感がある。同じうどんでも、少しちがう、とてもちがう。近所にある2店舗は、切磋琢磨してもりあげているらしいです・・・。
今日もおいしい麺をありがとう。ごちそうさまでした!

 

 



たけうちうどん店

食べログたけうちうどん店